四季の茶 遠州のめぐみ

四季の茶 遠州のめぐみ
春、夏、秋、冬。


四季とともに茶の成長は、多彩に。
厳しい冬を経て、新芽が芽吹き育つ八十八夜。
金千両として、新茶は愛される日本の文化。
しっかりと冬を越え太陽をいっぱい浴びた
新茶は、ビタミンとカテキンをえて春の食にこたえる。
その茶葉は、前後に魅力ある変化をみせ
茶飲人のこころをゆさぶる。
夏の太陽をいっぱい浴びた秋番茶。
豊かな秋の味覚にこたえ、カフェイン少なく、
糖の吸収をひかえ消化を助ける。
多彩な茶葉を巧みに組合せた抹茶。
長寿、家康が大切にした抹茶は、携帯性に
優れ、豊富なビタミン源であり、
カテキンは予防薬でもあったという。
明治維新のころ当地浜松の百里園から
世界に向けて多彩な茶を輸出。
緑茶、抹茶、番茶、紅茶、ウーロン茶は、
同じ茶葉からうまれる。
日本ならでは、浜松ならではの四季の茶、
多彩なめぐみ。
自然のリズムは茶と暮らしを結んでいます。
隠れた茶の魅力が体をサポートします。
このページの先頭へ